暁のアマネカと蒼い巨神
(C)工画堂 / (C)CyberFront
[←5pb.works]
[Back to TopPage]

Amazon Infomation
PC(Windows)XBOX360PSP


楽曲を作ってから既に3年半程経ってしまいましたが、
それぞれの曲解説を簡単ですが書いてみます。

Main Theme
全体のイメージを統一したようなメインテーマ曲です。
前半は世界観を重点に考え、ややシンフォニックな構成にしてみました。
中盤は探検的な冒険をイメージしています。
真剣な探検ではなく、アマネカ達によるコミカルな探検です。
そして曲後半で再び主題に戻り、引いた目線で世界を眺める…、
という構成の曲にしてみました。
この曲、2バージョン目でして、1バージョン目はシンセ音を殆ど使わず、
オケ楽器のみで作った物でした。

Calm
曲名が全く考えていないも同然ですが、その名の通り
静かなシーンを想定した楽曲です。
6/8拍子のまったりした雰囲気です。

Sad
切ないシーン、ちょっぴり悲しいシーン用の曲です。
本編ではドタバタコメディーのイメージが強いので、
この曲がどういうシーンで流れるのか気になる所です。
こちらは3/4拍子のピアノ+シンセパッドのシンプルな構成です。

Shadow
不気味に迫り来る巨大な影、というイメージで作りました。
こういう曲は作るのが大好きです。
サウンドトラック制作の醍醐味でもあります。
極端な視点ではメロディアスな曲より作りがいがある気もします。

Pinch
目前の敵と戦う時、ピンチな状況の曲です。
結構大小の迫力のある戦闘シーンが繰り広げられると思うので、
その重厚さも意識して作ってみました。
「暁のアマネカと蒼い巨神」ではこういったセミシンフォニックな
構成の楽曲に統一してみました。

Mysterious
不気味な地下遺跡を探索するミステリアスな曲です。
こういう曲も作るのは大の大好きな私です。
私が作るこの手の曲では珍しくE.Bassを使ってます。
緊迫感を表現する為に移調しつづける構成です。

Comical
コミカルなシーン用の曲です。
アマネカではこのコミカルなイメージがとても強かったりします。
なので、下手すると私的にはこちらがメインテーマより
強い印象があったりします。

Heiwa
平穏な日常やイベントシーン用の曲です。
柔らかな音色による安心感のある楽曲を目指しました。
結構得意なジャンルの曲でもあるので、比較的短時間で出来たと思います。

Normal Field 1
マップ画面上を移動するシーンの曲です。割と明るめです。
本作では、このフィールド曲に作曲の重点を置いています。
操作を伴うシーンで何度も流れる事を想定して、
耳に刺さらず繰り返し流れても疲れないように考えて作りました。

Normal Field 2
こちらもマップ上移動シーンの曲ですが、こちらはシリアス系です。
ゆっくり移動するよりは、優雅に空を舞う様に移動するような
そんなイメージで作りました。曲の後半がお気に入りです。

Battle Field 1
地下遺跡を移動。ノリのよりイケイケムード。「快進撃!」という
キーワードを頂いて作った戦闘シーンの曲です。
ゲーム中に組み込まれているのは2バージョン目でして、
1バージョン目はもっとシンセシンセしていました。
音が鋭過ぎたせいかボツになりまして、2バージョン目を制作しました。

Battle Field 2
地下遺跡の探索、若干シリアスなシーンを想定して作りました。
物語終盤の核心に近づくような、そんなイメージです。
イントロが最終ボス的な構成になっていますが、
本編ではどうだったでしょうか?

Theme 2
プロジェクトの楽曲が全て出来てから、メインテーマをもう少し
印象付けられればと思いまして、別バージョンのメインテーマも
作ってみました。もし宜しければ使って下さいと提出しましたが、
本編では使われたかどうか未確認だったりします。
PSP/XBOX360版のサントラに入っていれば使われたという事でしょうか?
(こちらも未確認です)

各種ジングル曲
ボス登場やクリア、レベルアップ、アイキャッチ、ゲームオーバー等
本編中で流れる曲も10つ程作成致しました。
地味にボス登場辺りは結構気に入っていたりします。
そちらにも耳を傾けて頂ければ幸いです。

2010/08/13 Takeshi Abo.


2006年末頃からBGM制作でお世話になりました工画堂様のPCソフト、
「暁のアマネカと蒼い巨神 -パシアテ文明研究会興亡記-」が
この度サイバーフロント様よりXBOX360版及びPSP版が発売されるそうです。
公式サイト→http://www.cyberfront.co.jp/title/amaneka/
楽曲解説を書こう書こうと思ってすっかり忘れてしまっていたので、
後日時間が出来たら書いてみようかと思います。

2009/11/12 Takeshi Abo.



01Main Theme
02Calm
03Sad
04Shadow
05Pinch
06Mysterious
07Comical
08Heiwa
09Normal Field 1
10Normal Field 2
11Battle Field 1
12Battle Field 2
13Theme 2

2006年12月に5pb.入社後、ファミソンを制作する傍ら、工画堂さんから
本作のBGM制作のお仕事を頂く事が出来ました。その頃、心機一転中で
自宅ではPowerMac G5 Dualをフル稼働させ朝10時から19時までの就業時間を
きっちり守り、会社に居る気持ちでガリガリ曲を書いていました。
職場に比べて自宅作業の良い所は何と言っても通勤時間が無い事!
その為、朝もゆっくり出来ますし昼休みは妻とTV見ながら食事出来ますし、
帰宅時間もないので終業時刻が過ぎれば自由な時間です。と言っても
自宅残業(?)連発だった気もします。その頃もスケジュール満載でした。

さて、楽曲の方はPC版ゲームという事もあり通常通りの制作方法です。
CubaseへREASON3をReWire。この環境は未だに私的に最強の高効率環境です。
ミックスダウンまで全てMac内で制作出来るので最小限の時間で最大の効果。
今はネット環境という便利な物があるので、曲を作ってはクライアント様へ
送信してご意見を頂く方式です。ジングル効果音の方も制作させて頂きました。
そんなこんなで2007年2〜3月を使い楽曲の方が完成しました。

2009/02/11 Takeshi Abo.




当ホームページの転載は行わないで下さい。

[← 5pb.works][Back to TopPage]
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送