12RIVEN -the Ψcliminal of integral-
[(C)MAGES./5pb./KID]
[←5pb.works]
[Back to TopPage]

Amazon Infomation
[PSP]

[PS2/Windows]

書籍

オフィシャルHPにてBGMの1つ「Integral」がダウンロード可能です。



12RIVENで使用されている各楽曲の解説を書いてみました。
音楽モードやサントラ等聴きつつ読んで頂ければ幸いです。
また解説では内容に関する重大なネタバレが含まれておりますのでご注意及びご了承下さい。

  → 各曲解説ページ(店舗特典CD曲含む)

2008/04/18 Takeshi Abo.


また、楽曲を聴いた感想等も気軽に送って下さいませ。→送信はこちらからお願い致します。

2008/05/20 Takeshi Abo.




(BLOGより抜粋)

PlayStation2用ゲームソフト「12RIVEN -the Ψcliminal of integral-」の
発売日を迎える事が出来ました。今までの開発経緯とは大幅に違った
イレギュラーな物となったのかも知れませんが無事発売された事を
とても嬉しく思っています。開発に関わった多数のスタッフの皆様に
改めてお礼申し上げます。そしてお疲れ様でした。

…という事で本編の全BGM及びSEを担当させて戴きました。
2006年末に制作したBGM群は、音楽単体としての完成度も意識してじっくりと
作曲/編曲を頑張りました。REASONで作った音色も含めお気に入りサウンドです。
機会があれば是非ゆっくりと、そして末永く聴いて戴ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

2008/03/14 Takeshi Abo.



■空間と音色による12RIVEN

2006年9月26日。この日に12RIVENの総括イメージ曲である「Integral」が完成しました。
当初頂いていたシナリオを読めば読む程奥深さとゾクゾクする物語の展開に、早くBGMを
制作したいという衝動に駆られていました。そして一通り読破した直後に作曲開始です。
シナリオを読みつつキーワードを拾って行きました。そして物語のダイジェストをこの1曲に
込められるよう展開を簡単に考え、そして第1印象に大きく繋がる音色の作成・選別。
全てを同時に思考し、交差させ、そして編み込み、悩む事なく完成したのを思い出します。

「Integral」は5つのシーンより構成されています。
内容は書けませんが簡単に書くと以下の通りです。

 1.イントロ:黙示録など
 2.Aメロ:人物描写。危機感など
 3.Bメロ:Integralなど
 4.Aメロ2:人物描写
 5.ラスト:再び黙示録など

…もう少し詳しく書きたいのですが、内容に触れるといけないので…。
BGMを一旦完成させたのが、2006年末。偶然か必然か、ちょうど12RIVENのBGM制作が
完成してホッとした翌日の朝にKID倒産の衝撃の日となりました。今回のBGM群は自分の中で
かなり高い位置づけでもあり、そして作りたい音楽を存分に埋め込んだ作品だっただけに
その当時の困惑と悲劇は今でも鮮明で忘れません。その後CyberFront様より発売される事となり、
追加BGMや効果音の発注を受けて完成度を更に高めたのも記憶に新しいです。

今回の楽曲群はサウンドリクエストを受けてから制作してのではなく、濃厚なシナリオを
全て読んで、その際に得た印象や感情、そしてキーワード等を抜き出して自分から先行して
楽曲制作の方へ入りました。1曲1曲に込められたテーマや描写を、自分なりに想像を
膨らませて制作していくスタイルは、シナリオを吟味しつつ作曲出来るので相性が良く、
かなりの満足感を得る事が出来ました。アニメーションだったらここの展開部分で
このシーンへ…や、ゲーム中はこの展開部分でシーンを切り替えて、この台詞を表示させて…
等と勝手に考えたりするのも楽しかった日々でした。

また、曲単独として聴けるよう仕上げた物も多々あります。アンビエント寄りのテクノ系は
好き嫌いが分かれる所かと思いますが、個人的にはかなりのお気に入りです。音色の方も
かなり力を入れていますので、曲と同時に音色の方も聴いて頂ければ幸いです。
そして今年、2008年2月14日*に待望の発売日を迎える予定となっています。
店舗特典CD用のアレンジ曲も去年末に作成したので制作した楽曲はかなり多くなりました。
このアレンジ曲、本編に入れて欲しい程気合い入れて制作しました。原曲が全く分からなく
なっている曲もありますが、制作環境でもある音源「REASON」の新バージョンによる可能性を
引き出せるよう頑張りました。限定版付属のサントラに収録される物ではありませんので、
こちらも機会があれば是非是非聴いて下さいませ。
宜しくお願い致します。

また発売後しばらくしてから各楽曲解説を書いてみたいと思います。

(*注:実際の発売日は3月13日に変更されました。)

2008/01/08 Takeshi Abo.



当ホームページの転載は行わないで下さい。

[← 5pb.works][Back to TopPage]
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送