■富士山登山■
富士吉田口から登頂
126,000km
2004/07/11
 

過去に何度か挑戦するも、仲間や天候の都合で下山となり
山頂まで到達出来ていなかった富士山。今回気合いを入れ直し
万全の準備を得て挑んできました。結果、無事山頂まで到達!
想像以上のもの凄い感動と達成感をくれた1日のドキュメンタリーページです。

 

【今回用意した物】

ウインドブレーカー Gパンで登ろうとか思ったらそれは既に苦行を選択しているような物です。
危ない危ない・・(当初Gパンで行こうとしてました)
自宅から着ていきました。
雨具 ホームセンターで2000円弱で買った上下セットのカッパ。
実はこれが重かったです。登る際には軽い方が良いので登山用としては
今回が最後の活躍となるでしょう・・
着替え Tシャツ、長袖シャツ、フリース。
これらも軽いものを選びました。フリーズは良いかも。
飲食料 飲み物は900mlのペットボトル。
上り下りでちょうど飲みきりました。500mlじゃ少ないです。
食料は重さを考えてパンとスニッカーズ。
登っている時に思ったのですが、山小屋でカップラーメンが
食べたかったので次回はスニッカーズやカロリーメイトだけで
良いかも知れません。ラーメンの匂いが美味しそうでした・・
ビニール袋 大きめの物で雨が降った際にリュックを覆い防水します。
大きいサイズは一応予備で2つ持ちました。軽い物ですからね。
それと小さいビニール袋も。着替えを濡れないように入れたり
ゴミ袋として持って行ったり。富士ではゴミは当然持ち帰りです。
ティッシュ・小銭 富士山のトイレは有料(100円、山頂は200円)です。念の為。
それを考慮して100円玉を持って行きましょう。
タオル2枚 汗拭き用と万が一用の予備。
軍手 必須です。富士山は溶岩の斜面です。
手も使って登って行くので。あと上空は寒いので寒さ対策にも。
帽子 紫外線が凄いので日焼け対策としても。
また雲の中は水の粒でいっぱいです。髪の毛を濡らさない為にも。
バンドエイド 万が一靴擦れになってしまった際やちょっとした傷に。
酸素缶 最終手段として。基本的に使わない物ですが念の為。軽いです。
サングラス 一応持って行きましたが使いませんでした。
スキー用のベルト付きとか良いかも知れません。
コンタクトの人はゴーグルタイプが必須です。
メカ 携帯電話。デジカメ。
山頂ではDoCoMo、au、J-Phoneが使えるようです。

←Mt.FUJI TOP / 画像レポートへ→
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO